トップページ  >  採用情報  >  先輩社員インタビュー

新卒採用

先輩社員インタビュー

  • 木原隆三
  • 横田みなみ
  • 原和章
  • 山下結梨佳
  • 石川陽一
  • 大村文乃
  • 山口義明

文系出身という不安を抱えての入社。
最初の1年間は無我夢中でした。

就職活動ではIT業界だけでなく、メーカーや出版、通信関係の会社などにもアプローチしていました。そんな中、当社に興味を持ったのは、金融系システムという安定した業界で、長い歴史と実績のある会社だったから。正直なところ、文系出身だから入社後に苦労するだろうな、とは思っていました。しかし、人事の方から「適性テストの成績はすごく良かったよ」と教えていただき、それならだいじょうぶかなあ、と入社を決めました。しかし、私が最初に配属されたのは一般にシステム基盤と呼ばれるかなりマニアックな技術領域。コンピュータやサーバーなどのハードウェアと、いわゆるソフトウェアをつなぐために存在するOSやミドルウェアを扱うチームです。業務アプリケーションとは違って、ハードウェアの知識も必要になるため、私にとってはかなりハードルの高い配属でした。上司からも「大変な部署で、ごめんね」と謝られたほどです。最初のうちは、先輩の指導を受けながら、プログラムを書いてみるだけで精一杯。自分が担当しているのがどんなシステムなのか、少し理解できるようになるまでには、1年近くかかったような気がします。

基盤チームから国際系システム担当チームに移動。
上流工程の仕事にも慣れてきました。

私が入社当時に担当していたシステム基盤の分野は、様々な業務システムが作動するためのプラットフォームになるもの。そのため、私たちの開発に問題があれば、銀行のシステム全体が、すべて停止してしまう可能性もあります。しかし、常に緊張感を持ちながら「システムはどうやって動いているのか」という基礎的な知識を学ぶことができたのは、自分にとって大きなプラスになりました。その後、入社3年目の冬にメガバンクが海外の拠点との取引をするためのシステムを開発する部署に異動することになりました。海外向けの取引システムは、銀行の基本的な機能を集約してコンパクトにまとめたようなものであるため、非常に幅広い業務知識が求められます。これまでシステム基盤を扱ってきた私にとっては、まったく未経験の仕事も多く、今は勉強に追われているところ。

適性とやる気があれば文系・理系は関係ない。
将来はマネージメントで活躍したい。

私は当社に入社する前には、システム開発やプログラミングの知識もまったくなく、具体的にどんな仕事をするのかもよく理解できていませんでした。文系出身ということもあり、付いていけるだろうか、という不安もありました。しかし、システムエンジニアとして4年間の経験を積んだ今となっては、適性と本人のやる気さえあれば、文系・理系は関係ないと思うようになりました。当社のように大規模な銀行システムの上流工程を担う会社では、システムエンジニアといっても打ち合わせに参加したり、資料などを作成したりする業務が大部分を占めます。人と話したり、文章をまとめたりするのは、むしろ文系出身者の得意分野のはず。システム開発という仕事に興味があるなら、出身の学部や学科にこだわらず、多くの人に挑戦してみて欲しいと思います。私自身の今後の目標は、現在のサブリーダー的な役割から、リーダー、プロジェクトマネージャーへとキャリアアップしていくこと。現場での開発経験を積むにつれ、チームのメンバーを教育し、プロジェクト全体の進行を管理するマネージメントの仕事に興味が出てきました。自分が目指すポジションで活躍するために、今のところは順調に知識や経験を身に付けてこられたのではないかと感じています。

休日の過ごし方

最近、私がはまっているのはジョギング。会社のランニング同好会に誘われて、嫌々、走ってみたら、案外、楽に走れてしまって。「これ、自分に向いているかも」と思ったら夢中になるたちなので、ウェアやシューズも一式揃えて、休日はトレーニングしています。

ページの上部に戻る