採用情報

トップページ  >  採用情報  >  福利厚生
福利厚生
各種保険 健康保険、厚生年金、労働保険。働く上で必要となる社会保険は、各種完備しています。
確定拠出年金制度 確定拠出年金制度とは、会社が掛け金を支給し、社員自身が運用することで、老後の生活資金として積み立てる公的年金の上乗せのための制度です。掛け金や運用で得た利益には税金がかからず、税制上の優遇が認められています。
FBS社員持株会 会社の株式を購入するために、社員の希望する金額を給与から天引きし、その積立金で株式を買えるようにしたのが持株会制度です。手軽に積み立てができ、財産形成の一助となっています。 入会は自由ですが、自社株を持つことで、10%奨励金と配当がもらえると同時に会社経営への参加意識の向上も図れます。
健康診断 社員の健康維持・健康増進を目的として、年に1回、健康診断を受診していただきます。受診項目は国が推進する「特定健診」以上の内容となっており、社員の皆さんの健康管理に役立てていただけます。
慶弔見舞金制度 社員やその家族に対し、結婚祝金や出産祝金、弔慰金などを支給します。
失効年休積立制度 2年間で失効する有給休暇を有効利用するために失効年休積立制度を設けています。失効する有給休暇の1/2を最大40日まで積み立て、病気等で長期療養等に使える制度ですので安心して治療に専念できます。
特別休暇等 主な特別休暇や休業等をご紹介します。
慶弔休暇: 社員本人の結婚や、配偶者の出産時等に付与される休暇です。
産前産後休暇: 女性社員が出産する際に取得できる休暇です。(産前6週間、産後8週間)
育児休業: 育児と仕事の両立を支援するための制度です。最長で子どもが1歳2カ月になるまで 取得することができます。また、復帰した後は、子どもが3歳になるまで育児短時間勤務が適用されます。
子の看護休暇: 小学校就学前の子どもの怪我や病気、予防接種・健康診断の付き添い等が必要 な際に、年間5日まで取得することができる休暇です。
介護休業: 家族が要介護状態にある際に、一定期間休業することができます。
介護休暇: 要介護状態にある家族の介護をする際に、年間5日まで取得することができる休暇です。
裁判員休暇: 裁判員候補者もしくは裁判員等に選任された際、安心して裁判に参加し、その責務を果たすことができるように取得できる休暇です。
家賃補助制度 通勤に際し、実家等から片道90分以上かかる新入社員に対し家賃の一部を補助する制度です。
家賃補助: 入社から3年間は、家賃の半額(上限3万円)、4~5年目は、家賃の1/4(上限1万5千円)
初回入居時権利金、礼金および仲介手数料の補助: 家賃の1.5倍(各上限9万円)まで会社負担
会社行事 主な会社行事をご紹介します。
全体会議: 年間2回、4月と10月に全社員が集まり、経営方針・目標を社内全体で共有する場です。会議終了後、立食パーティを行い、多くの社員とコミュニケーションを取れる場でもあります。
懇親会: 社員は、お客様先に常駐して勤務していることが多いため、社員同士コミュニケーションをとることを目的に各プロジェクトが本社に戻る日を設けて(帰社日)30~40人を1グループとして5~6回に分けて立食パーティを行います。
Xmasパーティ: 毎年12月初旬に全社員対象にクリスマスパーティを、その年の新入社員が中心になって企画、進行を行います。豪華景品抽選会やゲームなどで楽しいひと時を過ごせます。(今年のクリスマスパーティ会場は明治記念館を予定しています。)
その他の行事: 若手社員を中心に自主的に花見会や運動会、納涼船なども企画し、実行しています。
FBSが加入する東京都情報サービス産業健康保険組合の直営・借上保養所 ・TJK箱根の森(神奈川県 箱根)
・金谷城スポーツセンター(千葉県 富津)
・アルペンドルフ白樺(長野県 蓼科)
・その他借上保養所・補助金助成保養施設

会員制福利厚生サービス「WELBOX」 国内宿泊・グルメ・レジャー等の割引利用可能
クラブ活動 ・ランニングクラブ
・写真クラブ
・釣りクラブ  等
ジョブ・リターン制度
(退職者の再雇用制度)
結婚、出産、育児、介護や配偶者の転勤等やむを得ない事情でFBSを退職された方々に、再度、FBSでご活躍いただくための再雇用制度です。(2016年8月1日より開始いたしました)
  
対象者 1.結婚、出産、育児、介護、看護、配偶者の転勤等の理由により退職された方
2.FBSで正社員として勤続したことがある方
3.原則としてFBS発足後に退職された方 (退職後の離職期間は不問)
4.心身ともに健康である方
5.会社に通勤できる地域に居住している方
再雇用の審査 面接・書類による選考を実施します
再雇用時の身分・処遇 1.正社員のみの採用とします
2.処遇については退職時及びその後のキャリア・知識・スキル等を参考に個別に決定します  
ページの上部に戻る